GLOBAL SITE
  • ジギング

11月に突入しました。これよりヒラマサ強化釣行が続きます!ショージ松本

2019.11.12

どうも、サンラインのショージ松本です。 1年は早いもんで、気が付けばもう11月。 残り2ヶ月で2019年が終わってしまいますね。 これから年末になるにつれて仕事などもバタバタとなりますが、仕事よりも大事なことがあるこの11月。(こんなこと言ったら怒られますねww)

それが『秋のヒラマサシーズン!』です。 ヒラマサというと春というのが良い季節ではありますが、この秋もいいんです。 何がいいかというと『一発大型をキャッチできるチャンス!』だからです。 去年、一昨年と20kgを越えるヒラマサをキャッチしたのも11月でした。

そんなシーズンなんで、ソワソワして仕事が手につかないんです(笑)

シーズン1発目の釣行は10/31. 日の出からキープフルキャストで頑張りましたが、潮と風が合わず苦戦。 トップでは一発も反応はなし・・・

ならばとちょいとジギングを! ヤズですが、しっかりと潮が動けばジグへの反応は良かったですね。

IMG_4262

【Tackle Data】 LINE:PEジガーULT 8本組 2.5号(SUNLINE) LEADER:システムショックリーダーFC 40lb(SUNLINE) JIG:ナガマサ 180g(SMITH) IMG_4266

この日はこのまま終了。

次は11/2の釣行。 この日は前回の雰囲気とは打って変わって、早い時間帯大型ヒラマサのベイトフィッシュとなるペンペン(シイラの子)が逃げ回る最高の状況!!

こうなれば俄然ヤル気がでますね!! キャストも自然と気合が入ります。 朝はウネリがある時化模様でしたが、しっかりと丁寧にルアーをアクションさせることを心がけてキャストを繰り返すと・・・

突然バイトが! 上がってきたのが8kg程のヒラマサ。

IMG_0033

【Tackle Data】 ROD:Aquila 85H+Monster(Ripple Fisher) REEL:TWINPOWER SW 14000(SHIMANO) LINE:PROTOTYPE PE 8号(SUNLINE) LEADER:システムショックリーダーNY 150lb(SUNLINE) LURE:Akiya(Woodream) そして、もう1発!! 8kgよりは引くよ!! 上がってきたのは15kgのナイスなヒラマサでした。

IMG_0030 IMG_0034

【Tackle Data】 ROD:Aquila 85H+Monster(Ripple Fisher) REEL:TWINPOWER SW 14000(SHIMANO) LINE:PROTOTYPE PE 8号(SUNLINE) LEADER:システムショックリーダーNY 150lb(SUNLINE) LURE:Akiya(Woodream) 2本ともしっかりとリリース完了。 末永くヒラマサキャスティングを楽しみたいので、可能な限りリリースを心がけてます。 そ・し・て・・・

健洋丸の松岡船長も!

IMG_0031 IMG_0032

フィッシュトリッパーズのシンキングペンシル・エスパーダで軽~く10kgを超えるヒラマサをキャッチ!!さすがですww

さらにこの日は20kgオーバーのヒラマサもキャッチされていわいる『良い日』でした。

そして、10/10の釣行。 この日もかなりの時化。 ポイントに着くまでの船内で寝てると内臓がかなり揺れましたww

日の出からキャスティング開始。 ウネリが大きく、船が左右に揺れる状態でのキャストは疲れますww しかし、この日はキャスティングには非常に厳しい状況でしたね。

投げても、投げてもヒラマサの反応はなし・・・ ジギングも底潮が動かず魚のスイッチが入ってない感じ。 それでも執念で高級魚のスマガツオをキャッチww

IMG_0002

それから再びキャスティング開始。 船長が『ここは実績あるポイントだから頑張って投げて』とアドバイス。 と、なればより気合が入りますね!

しっかりと水中にルアーが潜り、泡を発生させるように丁寧なアクションを心がける。 それでも何の反応もないまま時間が過ぎていく。 こうなるといつもなら「ポキンッ」と心が折れる音が聞こえてくるんですが、信じて投げ続けた結果!

突然『バコンッ!』とルアーに魚がHIT! 魚体を確認することが出来なかったので身長にファイト。 船から近い場所でHITしたんでダイレクトに魚のパワーを体感。

無事に上がってきたのは7kg程度のヒラマサでした!

IMG_9999

IMG_0001

【Tackle Data】 ROD:Aquila 85H+Monster(Ripple Fisher) REEL:STELLA SW 18000(SHIMANO) LINE:PROTOTYPE PE 8号(SUNLINE) LEADER:システムショックリーダーNY 150lb(SUNLINE) LURE:バブルス250(D-CLAW)

この渋い状況でHITしてくれたヒラマサに感謝! 諦めなければチャンスは来る!(必ずではないけどww)

今月のヒラマサチャレンジは残り2回。 時化で中止にならないことを願いながら、20kgオーバーのヒラマサに備えて身体を動かさなければ!!

今回BLOGでアップしたすべての釣行は山口県・健洋丸/松岡船長にお世話になりました。 ありがとうございました!

また、何度も書いていますが今回もテストを続けているキャスティング用PEラインについて書きたいと思います。この時期になると自分がヒラマサキャスティングで使う号数は8号と6号。 8号に関してはもう長いことひとつのものを使い続けています。

夏に行った種子島GT釣行でも使用した8号を今も巻き変えずに使っています。 というのも、NEWPEラインに求めた1番の条件として『耐久性』があるからです。 大型プラグを半日以上フルキャストしても極僅かな毛羽立ちを実現しているプロトモデル。

太い部分の引っ張り強力も問題なし。 ただ細い号数(2号と3号)で魚を掛けたときに糸なり音などに少し違和感を感じたので、再度組み方などを改善してもらう必要があるかなと感じています。

IMG_0005 IMG_4269

出来る限り市場に投入したいんですが、改善すべき点があれば改善を行いより完璧なものに仕上げていく。これはメーカーの人間としてというよりも、いちアングラーとしての妥協したくない気持ちかもしれませんねww

SUNLINE MOVIE
サンラインムービー

MORE