ENGLISH

サンラインカップ 磯 西伊豆大会(静岡県)

サンラインCUP

大会結果レポート

◆ 2015年4月18日(土)  大会結果報告 ◆

2015年4月18日(土曜日)に静岡県西伊豆町・仁科港で『SUNLINE CUP磯2015 西伊豆大会』が盛大に行われました。
大会前日まで吹き荒れていた西寄りの風は夜半過ぎに徐々におさまり始め、5時から無事受付を開始できました。
大変多くのご応募を頂き、サンラインカップ磯2015西伊豆大会の当選倍率は約2.2倍。出場権を勝ち取った57名の選手によって熱い戦いが繰り広げられました。

受付風景
会場が熱気に包まれました。(サンラインウェアでばっちり決まってます!)
大会競技委員長・神保秀明テスターによる競技説明。
出船を待つ選手。

57名の選手を1便(7:00~13:00)、2便(7:30~13:30)に分け競技時間6時間で行い、25cm以上のメジナ5尾の総重量で順位を競いました。

龍弘丸
恵漁丸
第五龍弘丸

前日までの強風から一転、10時過ぎには汗ばむ陽気となりました。

見回り船の呼びかけに対し、選手たちからはなかなか良い返事が聞かれませんでしたが、そんな中でもナイスサイズを釣り上げる選手が! 見回り船には「磯・投げ情報」(海悠出版)の記者が同船しており、釣れたその場で写真撮影。42.9cm・1330g、この1尾を釣り上げた落合選手は大物賞を獲得しました。 正午を過ぎたころから再び西寄りの風が吹き始めましたが、無事に競技を終えることができました。
57名中、メジナの釣果があったのは13名。そのうち25cm以上の検量対象魚を検量所に持ち込んだのは10名。2尾以上を釣り上げたのはわずか4名と、厳しい釣果のなか上位争いは1尾が非常に重要なカギを握る展開となりました。

入賞者の皆様おめでとうございます。

左から第5位・落合 良樹選手、第3位・大塚 雄樹選手、優勝・山中 拓也選手、第2位・三嶋 英明選手、第4位・前田 健選手

厳しい戦いを制し57名のトップの栄冠に輝いたのは39.8cmのグッドサイズを含む3尾・2850gを釣り上げた山中拓也選手。39.8cmは今大会中2番目の大きさで、総重量では2位以下の選手を1kg以上突き放す優勝となりました。

優勝・山中選手
使用道糸:磯スペシャルテクニシャン オ・シャ・レ TypeTC-M 1.75号
使用ハリス:トルネード松田スペシャル競技 ブラックストリーム1.75号
磯割:カキハラ

おなじみシャンパンファイト!
山中選手のインタビュー
(インタビュアーは神保秀明テスター)
準優勝・三嶋選手
使用道糸:磯スペシャル ファインフロートII 2号
使用ハリス:トルネード Vハード 2号
磯割:白島
第3位・大塚選手
使用道糸:磯スペシャル ダイナード 1.5号
使用ハリス:トルネード松田スペシャル競技 ブラックストリーム 1.75号
磯割:赤島
大物賞・落合選手
落合選手はメジナのほかにも51.5cmの立派なクロダイも釣り上げましたが、残念ながら検量対象外。

大会結果

順 位氏 名匹 数重量(kg)最大魚(cm)住 所
1山中 拓也32.8539.8静岡県富士市
2三嶋 英明31.7733.9静岡県伊豆の国市
3大塚 雄樹21.6636.7東京都世田谷区
4前田 健21.4035.0静岡県裾野市
5落合 良樹11.3342.9静岡県富士市
6新井 郷平10.8234.9神奈川県横浜市港北区
7高野 孝徳10.7934.7神奈川県横浜市
8藤田 将之10.7434.9静岡県藤枝市
9池谷 翔太10.5331.4静岡県焼津市
10小島 誠10.3727.3千葉県船橋市
大物賞落合 良樹1.3342.9静岡県富士市
サンライン東日本支店支店長・加藤俊介よりご挨拶
古川岳志テスターによる“表面を改質し耐久性に優れた技術「P-Ion」”についての説明。 昨秋発売の松田スペシャル競技・ブラックストリームマークX、磯スペシャル・ファインフロート IIに続く、新発売のP-Ion搭載の磯ライン「GOLDISH(ゴルディッシュ)」を紹介。
二人の力強い後継者と共に龍弘丸船長・山田様よりお言葉を頂きました

今大会にご参加頂きました選手の皆様ありがとうございました。
来年も更に楽しく、真剣に釣りと向き合える大会を提供したいと思います。
是非次回大会も皆様のご参加を心よりお待ちしております。
また、最後になりましたがサンラインカップ磯2015 西伊豆大会開催にあたり多大なご尽力を頂きました渡船店の龍弘丸様および恵漁丸様に厚く御礼申し上げます。

【協力渡船店:西伊豆仁科港】 龍弘丸 0558-52-0814 恵漁丸 0558-52-1076
【AED協力】オーリス株式会社