サンラインロゴ

たかが釣り糸、されど釣り糸。

ラインセレクトで、
釣果は決まる。

JIGGING FISHING LINE

隣の人と、
差をつけるために。

近年、最も細分化が進んでいる釣りの一つでもある『ジギング』。 その幅は広く1㎏前後の小型魚から20㎏前後に迫る大型魚まで
狙える魅力的な釣りですが基本的な釣り方は同じです。
船長に魚がいる所へ連れて行ってもらいジグを落としてシャクって誘う。
このシンプルな釣りだからこそ誰でも釣れる時もあれば、
僅かな差が大きな釣果の差に繋がることもあります。
ジグの形状や重さは同船者同士で反応を見ながら変えていくうちに似てくる為、大きな差が生まれません。

だからこそ糸が生み出す差、釣果に与える影響は決して侮れません。
ここでは誰よりも釣るための糸選びと
これからジギングに挑戦する人の為の糸選びをお手伝いします。

FOR EXPERT’s

誰よりも釣るための糸選び

PEラインが誕生してからジギングの進化は急速に進みました。それだけジギングという釣りにおいてラインは重要な役割を担っています。

『もっと快適に』、『もっと釣るために』という思いを実現するために他のタックルに負けじと進化を続けてきたライン。 こちらで紹介するのは僅かな差を積み重ねることで釣果に結び付けたい、そんなあなたに大きなアドバンテージを与えるラインです。

誰よりも早く落とす。ファーストヒットを
奪い取れ。

PE JIGGER ULT 8

こんなあなたにおすすめ

  • 誰よりも早くジグを着底させたい人
  • 長く使える PE ラインを探している人
  • 滑らかで水切れの良い糸を使いたい人
DETAIL

全てを感じ取る。ジグに命を吹き込む
伝道糸。

For Expert

PE JIGGER ULT 4

こんなあなたにおすすめ

  • 深い水深を狙うことが多い人
  • 着底、アタリを瞬時に感じ取れる糸を探している人
  • 複雑な地形、障害物周りを狙う人
DETAIL

FOR BEGINNER’s

これから始める人の糸選び

格的な大型青物を狙ったジギングが進化する一方、『より手軽に』という方向にもジギングは進化してきました。 今では軽量なジグを使って四季折々、様々な魚を狙える釣りとして世代を問わず楽しむ方が増えています。 そんな時は必要十分な性能を持ちつつコストパフォーマンスに優れたラインが欠かせません。 『年に数回、シーズンになると船に乗る』そんなあなたにピッタリのラインを紹介します。

超万能!オールジャンル対応8本組 PE

SIGRON PE×8

こんなあなたにおすすめ

  • リーズナブルな8本組PEを探している人
  • 糸鳴りが気になる人
  • キャストする釣りにも使いたい人
DETAIL

コスパ最強! オールジャンル対応
4本組PE

SIGRON PE×4

こんなあなたにおすすめ

  • とにかくリーズナブルな PE を探している人
  • これからジギングを始める人
  • 船釣りやタイラバ他の釣りも同じ糸で楽しみたい人
DETAIL

PE LINE

号数の選び方と
長さの基準

ジギングは狙う対象魚によってラインの号数が変わります。
スーパーライトジギングと呼ばれる30g~60gのジグを使いイサキ、マダイ、小型青物、根魚を狙う釣りでは0.6号~1号が基準です。
50g~150g程度のジグを使い小型~中型青物やシーバス等を狙うライトジギングでは1号~2号。150gより重いジグを使いさらに大きな中型~大型青物を狙うジギングでは 3~4号を使うのが一般的です。
地域や遊漁船ごとに推奨は変わってくる可能性もあるため、分からない場合は利用する遊漁船の船長に聞いてみるとよいでしょう。

PEラインとリーダーの組み合わせ目安表

PEライン号数 リーダー号数
0.8号 3号
1号 4号
1.5号 6号
2号 8号
2.5号 10号
3号 12号
4号 16号

あらゆる擦れに耐える!信頼のショックリーダー!

SYSTEM SHOCK LEADER FC

こんなあなたにおすすめ

  • 複雑な地形や障害物周りを狙う人
  • ジギングで狙う水深が深い人
  • 巻量に余裕をもってリーダーを使いたい人
DETAIL

粘り強く、耐える!大物対策リーダー!

SYSTEM SHOCK LEADER NY

こんなあなたにおすすめ

  • ジギングだけでなくキャスティングもする人
  • ノットが組みやすいリーダーを使いたい人
  • 強度に優れたリーダーを使いたい人
DETAIL

使い切りサイズのフロロリーダー!

POCKET SHOCK LEADER FC

サンライン独自の製法により低吸水ながら高強力、高耐摩耗性を持つのが『システムショックリーダーNY』です。
ナイロンの弱点を克服することで頻繁にリーダーを交換しなくても使用することが出来ます。ナイロンならではの適度な伸びとしなやかさがジグやルアーの動きを損なわず、フッキング後のファイトやファーストランによる衝撃にも耐える絶妙なバランスに設計されています。
ナイロンはフロロに比べて低比重で太くなればなるほど強度にも差が出てくるためトップウォータールアーを使うキャスティングゲームにもベストマッチです。

使い切りサイズのナイロンリーダー!

POCKET SHOCK LEADER NY

ルアーの動きを殺さないしなやかさと低水温・低気温でも扱いやすい糸質のナイロンショックリーダー。
フロロ同様にコンパクトな薄型スプールを採用しているためウェアのポケットなどちょっとしたスペースにも収納できるサイズ感です。
フロロに比べ価格も安いので費用を抑えたい方にもオススメ。


LEADER

号数の選び方と
長さの基準

リーダーを選ぶ際はメインライン(PE)の号数に対して3~4倍程度の号数のリーダーを選ぶのが基準です。
※例:PE0.8~1 号×3~4 号のリーダー、PE1.5~2.5 号×8~10 号のリーダー、PE3~4 号×12~18 号のリーダーもしくはメインライン(PE)の lb 数と合わせると良いでしょう。
ジギングの場合、リーダーの長さは 3~5m が基準です。水深が浅く障害物も少ないような状況であれば短め、水深が深く障害物も多く魚も大きいような状況では長めに取りましょう。
リーダーの太さや長さに関してもその時の対象魚やポイントによって多少前後はするので事前に乗船する遊漁船の船長や同船者に確認しておくと安心です。