ENGLISH

サンラインバスファンカップ in 津久井湖

バスFAN CUP

大会結果レポート

◆ 2015年6月27日(土)  大会結果報告 ◆

2015年6月27日(土)、『SUNLINE・BASS FAN CUP 2015 in 津久井湖』が盛大に開催されました。
第2回目となった今大会は梅雨前線の影響が強い6月末の開催ということもあり、大会当初は曇りがちなスタート。その後は太陽が照りつける暑い1日となりました。

当日の参加選手は総勢70名。バスファンカップではシングル出場以外にペア参加もOKとしており、今回も親子、ご夫婦、ご友人同士などで12組がペアでエントリー。
ゲストでディフェンディングチャンピオンの並木敏成プロも今年はペアで出場。並木プロをはじめ当日のゲストの古沢勝利プロ、粕谷邦夫テスター、菅谷淳一テスターは皆、津久井湖を知り尽くしたエキスパート揃いです。
そして2014年アングラーズアイドルでサンラインフィッシングガールの石川文菜さんも津久井湖を初体験。津久井湖を知り尽くした矢口釣具店の矢口雅之さんとペア出場しました!
競技時間は6:30から12:30までの6時間。ブラックバス2匹の総重量で競いました。湖の状況は強い濁りのエリアが大半を占め、さらに梅雨の合間の晴天で気温は急上昇。非常にタフな津久井湖でしたが、事故もなく参加者のみなさんに楽しんで頂けたました。

エリア最上流部を攻める並木プロ/安藤浩輝選手ペア
ディープクランクでキャッチ!
カバーにキャストをする古沢プロ

サンラインスタッフのウェイイン。タフコンディションの下、残念ながら上位入賞ならず!

近年、スポーニングベッドの保護に力を入れている津久井湖。タフコンディションでしたがウェイイン率は51%と半数の選手が検量し、着実にブラックバスの個体数が増加しています。

ウェイインショーの後は、並木プロと古沢プロによるトークショー。
この日の釣り方や使用したライン・タックルについてなどディープな内容ばかり。選手も真剣に耳を傾けます。

トークショーが終わるといよいよ閉会式・表彰式です。
今大会を制したのは… 2匹・3000gを釣り上げた寺沢 庸二選手。

2860gのビッグフィッシュを釣り上げ、優勝とビッグフィッシュ賞のダブルタイトルを獲得!
おめでとうございます。
ビッグフィッシュ賞の寺沢選手にはサンライン・オリジナルアンブレラSU-66が贈られました。

入賞者の皆様おめでとうございます!!

(左から)4位 加藤 雅史選手 準優勝 馬場 茂雄選手 優勝 寺沢 庸二選手 3位 吉野 勝行選手 5位 宇賀神 勇太選手/荘 大輔選手
恒例のシャンパンファイト!!
上位陣のインタビュー
ジュニア賞&レディース賞は古沢プロよりサイン入りのKAT’Sbuddy・C1クランクベイト・ドラフトウェイカー・G-チャンクが贈られました。

《大会結果》

津久井観光ボート・金井様よりお言葉を頂きました。ノーフィッシュだった選手へのじゃんけん大会では無料ボート券を頂きました。さら今大会中に使用したゲストボート・取材艇は津久井観光ボート様よりご提供頂きました。厚く御礼申し上げます。

矢口釣具店・矢口雅之様よりお言葉を頂きました。矢口釣具店様からは出場選手全員分の『アライブシャッド』を頂きました。厚く御礼申し上げます。

高山陽太郎テスターからはフィッシングガレージ・ブラックの人気商品FRPバウデッキとジャンパーケーブルを頂きました!

グローブライド株式会社様よりマルチケース・ミニバッグ・ハイドロハンドを頂きました。
O.S.P 様よりトートバッグ・キャップ・タオルを頂きました。
粕谷テスターよりドカットを2個頂きました。
ハート光学様よりDNA・颯~HAYATE~を頂きました。
大会に選手としてもご出場頂いた篠工房・篠原 直樹様よりレンタルボート用デッキを頂きました。
豪華景品の抽選会
サンライン東日本支店支店長・加藤俊介より挨拶

さらに埼玉県越谷市・プログレス様からもご協賛を頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。

SUNLINE・BASS FAN CUP 2015 in 津久井湖開催にあたり多大なご助力とご協賛を頂きました津久井観光ボート様、矢口釣具店様、取材協力頂きましたBasser様、ルアーマガジン様・ロッド&リール様・アングリングバス様、そして大会にご参加いただきました選手の皆様本当に有難うございました。 ぜひ次回の参加をお持ち申し上げております。

協力メーカー アングリングバスO.S.PKATS’ buddyグローブライド篠工房津久井観光ボートDNA(ハート光学)Basserフィッシングガレージ・ブラック矢口釣具店ルアーマガジンロッド&リール (五十音順・敬称略)
AED協力:オーリス株式会社