ENGLISH

サンラインカップエギングフェスティバル周防大島大会

サンラインCUP

大会結果レポート

◆ 2015年10月25日(日)  大会結果 ◆

2015年10月25日(日)、山口県・周防大島におきましてヤマラッピ&たまちゃんをゲストに『サンラインエギングフェスティバル2015 IN 周防大島』が盛大に開催されました。参加者は、昨年を上回る人数の197名でした。

競技時間は4:00の受付開始から12:00の検量受付終了までの8時間。キーパーサイズは10cm以上で、2匹の総重量で勝敗を決める為、誰にでも優勝の可能性は十分あります。当日は低気圧の影響で北東の風が吹き荒れ、かなりのタフコンディション。非常に厳しい状況の中での大会開始となりました。

検量開始時刻になると、ゾクゾクと検量に訪れる参加者達。検量に訪れた参加者は197名中66名。

上位入賞者の皆様、おめでとうございます。

優勝 藤本幸生選手(2ハイ 714g)

場所:周防大島 津海木
メインライン:PE EGI ULT  0.8号
リーダー:エギリーダーSV-1 2号
釣り方:浅過ぎないところ、ブレイクが近いところ、潮流があるところをベースにランガン。基本的に回遊のアオリイカをメインで釣っていき、優勝を掴み取った。

準優勝 田中孝選手(2ハイ 690g)

メインライン:PE EGI ULT 0.8号
リーダー:エギリーダーBS 2.5号
エギ:3.5号
釣り方:風がかなり吹いていたため、3.5号と重めに設定しエギを安定させて、しっかり抱かせるイメージで釣りをし、今回の釣果に結びつけた。

3位 松田大輔選手(2ハイ 514g)

場所:周防大島 沖家室
メインライン:PE EGI ULT 0.4号
リーダー:エギリーダーFC 1.75号
エギ:3号
釣り方:通常、0.6号などを使用するが、当日は風が強くラインが取られてしまうため、今回0.4号を使用。しかし、それでもラインが取られてエギが沈まないため、シンカーをつけ対応しリミットメイク。

《総合順位》

表彰式を行い、上位入賞者にインタビュー。司会はもちろんこの2人。

軽快なトークで笑いあり、真剣にラインやロッドの説明もあり。色々と勉強になるセミナーも開催されました。
セミナーや表彰式後はお楽しみ抽選会やテレビをかけたジャンケン大会。
最後を締めくくる大事なイベントです!!

大会にご参加いただきました選手の皆様並びに協賛して頂きました出版社、メーカー様に改めて感謝致します。
有難うございました。来年もさらに楽しめる大会を目指しますので、是非皆様のご参加お待ちしております。
また、今年から新たに動き出したNewソルトブランド「Saltimate(ソルティメイト)」も宜しくお願い致します。

協賛/内外出版様、NUTS & VOLTZ様
取材協力/ミリオンエコー出版(株)様、
(株)KG情報様
AED協力/オーリス株式会社