GLOBAL SITE
  • キャスティング

キャスティングゲームで21kgのヒラマサ キャッチ!!

2018.11.22

11月も後半になるにつれて山口県・日本海側のヒラマサ、その中でもオオマサと呼ばれる大型サイズはいっきに活性が高くなります。その理由としては水温の適水温化などもありますが、やはり一番は餌となるベイトフィッシュの存在だと思います。

この時期、山口県日本海側のメインベイトはペンペンと呼ばれる小型のシイラ。
そのペンペンを追って狂う大型のヒラマサをまたまた追ってきました、サンラインのショージ松本です。
ヒラマサと同じように自分もこの時期からさらにギアを一段上げたように高活性になります(笑)

IMG_0010

今回もお世話になったのは山口県・健洋丸さん。
日の出と同時にキャスティングスタート!!

(同じ表情がなく、感動させてくれる朝日が昇る光景。それを海上から見れるという幸せ。釣り人で良かったと思える瞬間です。)

釣果はというと朝マヅメは同船しているアングラーにも反応はなし…
それでも、チャンスはいつかくると信じながらキープフルキャスト!!
と、「プルルルル~」と一本の電話。自分の携帯はあまり電波が入りにくいので繋がるときに出ておかないと。もちろん、仕事の電話。

まぁ、平日の金曜日に振替休日をもらっての釣行だったので仕方がないですが…
話をしていると突然船の至近距離でヒラマサボイルが発生!!!
しか~し、自分は電話中なので投げれな~~い(泣)
それでも、同船していたアングラーさんがしっかりHITそしてキャッチしていたので良かったです♪

潮のタイミングなのか、ボイルが起きたり、多数のペンペンが逃げ惑ったりと一気に状況が変わった海。さらに他のアングラーさんにもHITし、上がってきたのは18㎏の大型のヒラサマ!!
確実に活性が上がってきましたね!!

さらに気合いが入るも内心焦る訳ですよ、みんな釣るけんww
それでも、キープフルキャスト。そして、ルアーは丁寧に動かす…
と、その時は突然でした。

ルアーを横から襲い、水中にもっていったのは決して小さくはないヒラマサ。
(※今回は余所見せずにしっかりとルアーを見とったんでバイトシーンはしっかり見てました 爆)
ロッドにしっかりヒラマサの重みを感じてからフッキング!!
それからすぐに伝わってきた重みは先日釣った17.7㎏のヒラマサよりも強い!!

ドラグ設定はMAXにほぼ近くまで締めてました。
ズルズルと糸を出してしまうとヒラサマは勢いづいて更に突っ込みますからね…
前回の反省からリールもワンランク大きいサイズで挑んだのも良かったですね。

それでも何度も必死の抵抗で、ズルズルとラインを出すヒラマサ。
そして、何とかランディングに成功。
それにしても、乳酸が目一杯溜まった腕や脚。
疲労はピークですが、キャッチ出来ればその疲れも清々しいもんですww

ヒラマサ(21㎏)

また、今回も同船していたアングラーさん、健洋丸・松岡船長のお陰でキャッチ出来ました!!
毎度毎度、ありがとうございます♪♪
そして、計測の結果は21kg。

IMG_0015
IMG_0013

自己記録更新には少し足りませんでしたが、去年に続き20㎏オーバーをキャッチ出来たことは本当に嬉しいですね~~♪
信頼出来る道具があってこそですね。

まだまだこれから続く秋の大型ヒラマサシーズン!!
さぁ、来週も出船予定!!
投げて、投げて、たまにシャクルぞぉ~!!!

IMG_0019

【Tackle Data】
Rod:Ripple Fisher Aquila 85H+Monster
Reel:SHIMANO STELLA SW 18000
Line: SUNLINE PROTOTYPE PE 8号
Leader:SUNLINE 大物ハリス(BIGGAMESHOCKLEADER)150lb
Lure:D-CLAW MARINO230 MAGNUM(ウメイロ)

IMG_0028


(ロッドはRipple Fisher Aquila 85H+Monster)

IMG_0027


(ラインは前回同様キャスティング用PEライン8号、プロトタイプ。使い込んでみないとメリット、デメリットが判断し難い糸。まだまだテストは続きます!)

IMG_0026


(リーダーはこちらも前回同様大物ハリスの150lb(40号)。引っ張り強度はもちろん申し分なし。
ノットも組みやすく、そしてしっかり決まる!ブルーグリーンというカラーも気に入ってます♪
※ただ何度も言いますがカセ巻きなんでちょいと面倒臭い…(爆))

IMG_0023


(ルアーはお気に入りのひとつであるD-CLAW MARINO230 MAGNUM。カラーはウメイロ)

SUNLINE MOVIE
サンラインムービー

MORE