GLOBAL SITE
  • トラウト
  • 北海道

知床世界遺産でのカラフトマス釣り

2020.8.6

スタッフ

  • 名前:日野 彰
  • 日時:2020年8月5日
  • 釣果:カラフトマス

8月に入りカラフトマス好調の情報を得られたので知床半島へ。
とは言っても日も暮れだす夕マズメだけの2時間勝負。
ロッドガイドにラインを通したりノットを組んだりという準備は事前に済ませておき
現着直後からキャストできる体制です。
既に10人ほどがフカセ釣りで狙っていて足元には数本のカラフトマスの姿が。
確実に魚がいることは確認できたので空いているスペースに入りキャストを開始します。
河口部ではポツポツと上がっているようですが自分の周囲には魚っ気が無く様子を見つつキャストを繰り返していると前方10mの水面が突然沸き上がりました。
焦らずに、カラフトマスの群れの進行方向を読んでアンダーで静かにキャスト。
着水して間を開けずにリーリングするとクンっという手ごたえと同時にフックアップ、今シーズン一発目のカラフトマスとのファイトが始まりました。
予め強めのラインセッティングですので強度的には心配がありませんが、ゴロタ場なので底石に擦られないよう立ち位置を考えロッドを操作しつつダッシュをかわし、グネグネと膠着したところで一気にズリ上げ無事ランディング。
ウロコがポロポロと剝がれ落ちる素晴らしいフレッシュランな個体でした。
その後水面が沸き上がることはありませんでしたが、日没が近付くにつれ魚が岸寄りしたため、ブラインドで3本追加しストップとなりました。

タックルデータ

ロッド:TRUTH JAPAN Trump711
リール:セルテート3012H
ライン:サンライン キャリアハイ16lb
リーダー:ステートクラッチ16lb
ヒットルアー:
ゴッドハンズ GAIA6.8g 渓相瀾竜5g、7g

SUNLINE MOVIE
サンラインムービー

MORE

SUNLINE COLUMN
サンラインコラム