GLOBAL SITE
  • その他

夜でもラインが見える!!革命を起こすライト「ナイトサラウンドビジョン」登場!

2018.7.10

釣り人なら誰もが願ったことかもしれない『夜でも釣り糸が見えたらなぁ…』という思い。
でも、それはもう夢物語じゃないんです!!今ここに実現することが出来たんです!!
PCT(プラズマコンセプト東京)× SUNLINEの技術力によって。
そのTOOLこそ『Night Surround Vision(ナイトサラウンドビジョン)』です。

DSC08807 NSV点灯

一番の特長といえば特許も取得したこの“特殊な色”を放つ部分でしょう。

この色を見たみなさんは「UVライトでしょ?」と思うかもしれません。
ハッキリと言います!これはUVライトではありません。
DEEP BLUE(深い青)+RED(赤)によって構成されたオンリーワン(特許取得)のライトなんです。(そもそもUV(紫外線)は目で見ることは出来ません。)

スライド4

それでは、この“ナイトサラウンドビジョン”がどのような働きをするのか解説していきます…
と、その前にご存知と思いますが改めて人間の目が光を取り込む際にどのような働きをしているのかについて説明させて下さい。

光量を調整するのは瞳孔。
光量が多ければ瞳孔を絞ります。そうなると眼の感度は下がってしまいます。
光量が少なければ瞳孔を開きます。そうなると眼の感度は高くなります。

この“感度”をより説明すると…
今あなたは真っ暗な部屋にいます。そして一気に部屋の電気をつけます。
そうすると「眩しい…」という状況にはなりますが、40秒~1分程で眼は慣れていき見えるようになります。これを明順応(めいじゅんのう)と言い、これを“感度を下げる”という表現をします。

それとは逆に明るい部屋にいる状況で電気をパッと消します。
この状態だと目が慣れるのには30分~1時間の時間を必要とします。
これを暗順応(あんじゅんのう)と言い、これを”感度を上げる”という表現をします。

スライド5

(※これらを行うとき、人は無意識に瞳孔を開いたり絞ったりして眼の感度を調整しています)

スライド7

実は夜釣りの時、明順応が釣りの妨げになることがあるんです。
それがルアーチェンジや仕掛けなどを結びかえるときです。
『やっと暗闇に目が慣れた…』というタイミングで販売されている通常のライトを使用すると、明順応の状態になり、また暗闇に目が慣れるまで30分~1時間かかってしまう為、その後の釣りに影響が出てしまいます。

でも、ご安心下さい。
実は、明順応しにくい光があるんです。
それがRED(赤)
赤色の光は瞳孔が絞られにくく、眼の感度を高いまま保つことが出来ます。
ということは、そのが目にとって見やすい環境を作る色なのです!!

スライド10
スライド16

ただ、赤など単色の光だけでは“色彩”が失われます。
しかし、色彩が失われることは決してマイナスではないんです。
ちょっと↓↓の画像を見て下さい。

完全に色彩が失われた中に赤い服を着た女性がいますね。
すぐに目に留まりますよね!?

スライド17

そして、このライン。
色彩豊かなラインの中からあるカラーを探すのは時間が掛かりますが、色彩が失われたなかに一色だけ色が付いたラインがあると非常に目立ちます。

(※実は人は眼だけでなく、脳でも色や形を見ているのです。)
上の例はある意味脳にトリックをかけているようなものです。
このような状況を作りだすことで、より“気づきやすく”“印象に残る”シーンになるのです。
そして、これと同じような状況を暗闇(夜釣り)の世界で作りだすことは出来ないか??
これが可能になれば夜釣りの世界は大きく変化し、進化するのではないか…

つまり、赤色の明かりの中で“別の色”に光ることが出来たら簡単に見つけることが出来ますよね!?
そこで目をつけたのが蛍光塗料です。
糸自体にサンライン独自の方法で蛍光を合わせて、糸自体が発光するように設計しました。

もちろんライトも脳が目立つものを認識しやすくする“RED”に蛍光を発光させる為の近紫外線に近い色にあたる“DEEP BLUE”を組み合わせてこの『Night Surround Vision(ナイトサラウンドビジョン)』は完成した訳です。

では実際に夜釣りの現場ではどのような見え方なのか気になりますよね?って、ことで↓をご覧下さい。

DSC03910

まず、これは手元を『Night Surround Vision(ナイトサラウンドビジョン)』で照らしたときの画像です。手元もしっかりと確認出来る色合い。

DSC03901

ルアーチェンジももちろん問題なく出来ます。

DSC03907

ライトの角度を調節するとロッドティップから放出さるラインもしっかりと目視で確認出来ます。
なので「どちらの方向にルアーが流れているか」「ラインの角度はどれくらいなのか」「ラインが流れるスピードはどれくらいか」など、今までわからなかった“情報”が格段に増えます。

よって、釣りそのものが楽しくなり、よりテクニカルなゲームも展開出来ると思います!

このように、科学的にも実釣においても追求されて完成した『Night Surround Vision(ナイトサラウンドビジョン)』の発売は7月末を予定していますので、是非お試し下さい。
あなたの夜釣りが変わりますよ!!

※『Night Surround Vision(ナイトサラウンドビジョン)』の詳細はまた次のBLOGでアップしますので、こちらもご覧下さい。

Night Surround Vision(ナイトサラウンドビジョン)PV】